Vライン(ビキニライン)のアンダーヘアが、陰部のかゆみやムレの原因かも!?

生理中や汗をかいた時はしばしば、陰部にかゆみやムレを感じることがあります。

不快に感じても、仕方がないことと思って諦めている方も多いと思いますが、実はこの陰部のかゆみやムレというのは、Vラインのアンダーヘアによって引き起こされている可能性が高いです。Vラインは、排泄器官の出口に近いので、汗や尿、おりものなど、体内外の排泄物などが付着しやすい部分です。しかも、ムダ毛が大変密集しており、風通りが悪く温かいので、排泄物に付着している細菌が繁殖しやすく、かゆみなどの原因となります。

生理中にトイレに行った時にひどいニオイがするのは、血のニオイだけじゃなく、この繁殖した細菌のニオイも混ざっています。生理中でなくても、このような不衛生な状態でいるのは不快感があります。だからこそ、日本人は毎日お風呂に入るのですが、お風呂に毎日入る習慣がない(※シャワーのみで済ます)欧米人の場合、陰部のムダ毛をきれいに脱毛することが、エチケットとして習慣付けられています。

しかし、日本人だからといって毎日お風呂に入れるとは限りませんし、特にSEXをする時などは状況もありますが、不衛生な状態のままSEXに及ぶことは、確かに相手に対するマナーを欠いているといえるでしょう。となると、毎日お風呂に入るだけでなく、不衛生の原因となるアンダーヘア自体を脱毛してしまった方が、日常的な不快感も軽減しますし、衛生的で合理的です。たとえすべて脱毛しなくても、ムダ毛の量を減らして全体的に整えることで、不快感は減少します。